ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

アフターフォロー

製品設置後はユーザー登録をお願いします。お得な情報をお伝えすることができます。

消耗品について

消耗品の交換手順資料を下記よりご覧いただけます。

フィルター寿命参考写真

ドレン処理装置:
ドレンデストロイヤーフィルター寿命参考写真です。

■ADP型・SD型・LSD型 フィルター槽上部

1.初期状態:油はありません。
2.油が浮き始める:暗褐色の油が浮きはじめます。
3.茶褐色の生油が浮いてきたら交換してください。
1.初期状態
2.油が浮き始める
3.茶褐色の生油が浮いてくる
フィルター交換時期

ADP型フィルター交換の目安

  1. すべてのフィルターが1.の初期状態。
  2. A-1のフィルターが2.の状態(油が浮き始める)になる。
  3. A-1が3.の状態(茶褐色の生油が浮いてくる)になる。・・・交換時期
  4. A-1・B-1,2が3.の状態になり、A-2が2.の状態になる。・・・交換時期

※清水確認槽の1室目に吸油材などを入れておくことを推奨します。

寿命写真2

■LSD型・SD型 清水確認槽

1.初期状態
2.フィルター交換時期
3.完全に寿命
寿命写真3-1
処理水が透明
寿命写真3-2
処理水はきれいで水面上部に油が多少浮いた状態
寿命写真3-3
処理水が白く濁り
処理されていない状態

■ADP型 CWT型清水確認槽

1.問題なし
2.フィルター交換時期
3.フィルター交換時期
寿命写真4
処理水が透明
寿命写真4
油が浮いている状態
寿命写真4
油が浮いている状態

※処理水が透明でも、清水確認槽が水垢等でヌルヌルになることがありますので、定期的に清掃してください。

■PSD型 P-XAB槽

初期状態
フィルター交換時期
寿命写真5
寿命写真5

■SD型 CA槽

1.初期状態
2.汚れ始め
3.フィルター交換時期
寿命写真6
寿命写真6
寿命写真6

※SD型のCA槽は使用後早い時期に2.の状態になりますので、AB槽の上部透明板で
 フィルターの状況を確認していただくか、処理水でご確認ください。

フィルター交換手順

ドレン処理装置:
ドレンデストロイヤーフィルター交換手順です。

PSD型フィルター交換手順

フィルター交換手順PSD型
  1. コンプレッサーを停止させてください。
    できない場合は、ドレントラップ側のバルブを閉めてください。
  2. バルブ(①)を閉めてください。
  3. バンド(④)を外し、分離槽(⑤)内のひも状吸油材を入れ替えてください。
  4. P-XAB槽の上部ホースナット(②)を外します。
  5. P-XAB槽の下部ホースナット(⑥)を外し、付属のナットプラグを付けます。
    ドレン水がこぼれますのでドレン受をご用意ください。
  6. P-XAB槽(③)を取り外してください。
  7. 新しいP-XAB槽を取り付け、ホースナットを接続してください。
    上部には出口側、下部には分離槽側のホースに接続します。
  8. バルブ(①)を開きます。
    水漏れの確認をする場合は、分離槽上部から水を入れて確認してください。
  9. コンプレッサーを始動(またはドレントラップ側のバルブを開いて)させて、動作確認をしてください。

XSD型フィルター交換手順

XSD25型
XSD50型
寿命写真10
  1. ドレン入口ボールバルブ⑤を開いてください。
  2. ドレントラップを作動させて③圧力計の針が0.02~0.3MPa内にあるかを確認してください。
    圧力が上がらない場合はストレーナエレメントの交換を行ってください。
  3. 処理水が透明になっているか、油が浮いていないかを②清水確認槽で確認してください。
    処理水が白濁していたり、油が浮いている場合は早急に①XSD槽(フィルター)を交換してください。
  4. ストレーナエレメントの清掃
XSD25型ストレーナ交換
XSD50型ストレーナ交換
  1. ⑤ドレン入口ボールバルブを「閉」にし、③圧力計の針が「0」になっていることを確認してください。
  2. ④ストレーナ上部の袋ナットをスパナで外してください。
  3. ④ストレーナ内部エレメントの固定用ナットを緩めて外してください。
  4. 外したエレメントのゴミ、異物等を取り除いて清掃してください。
  5. センターボルトのオリフィス孔の詰まりが無いかを確認してください。
    注意:組み立て時にはエレメント固定用ナットを締めすぎないようにしてください。

LSD型フィルター交換手順

LSD型フィルター交換方法
  1. 本体正面にあるドレン入口バルブ(①)を閉めてください。
  2. 本体カバー(正面・後方)を取り外してください。
  3. 本体架台の下部にあるボルト(⑥)を外します。
  4. 分離槽および各フィルター出口側の圧力計が「0」になっていることを確認してください。
  5. DO槽の入口ホース(②)を外します。
  6. LAB槽上部の食込継手(⑤)を外し、付属のプラグをしてください。
  7. 本体からDO槽ごとLAB槽を外してください。
    本体から外す前にDO槽を漏れない程度に緩めておいてください。
  8. DO槽からLAB槽下部に接続されているホースをDO槽側だけにしてください。
  9. DO槽の外筒(③)をはずしてからエレメントを取り出してください。
  10. LAB槽にナット(④)で固定されているDO槽上部パーツを外してください。
  11. LAB槽下部の食込継手(⑦)を外し、付属のプラグをしてください。
  12. 新しいLAB槽にDO槽上部パーツを付け、下部ホースとDO槽を接続してください。
    DO槽の上部パーツを付けるときは、ホースの長さに合わせて取付位置を調整してください。
  13. 交換槽を逆の手順で取り付けてください。
    DO槽のエレメントを交換後、LAB槽を本体に固定したほうが外筒を簡単に取り付けられます。

注1)DO槽の外筒の取り外しは付属の専用工具をお使いください。また、締めすぎにご注意ください。
注2)フィルター交換の際、ドレン分離槽内の浮上油は抜いてください。
注3)コンプレッサーを停止させてからフィルター交換作業を行ってください。
   停止できない場合はご相談ください。

SD型フィルター交換手順

SD型フィルター交換方法
  1. 本体正面にあるドレン入口バルブ(①)を閉めてください。
  2. 本体カバー(前後左右)を取り外してください。
  3. 本体架台の下部にあるボルト(③)を外します。
  4. 分離槽および各フィルター出口側の圧力計が「0」になっていることを確認してください。
  5. フィルター上部の食込継手(②)を外し、付属のプラグをしてください。
  6. フィルター下部の食込継手(④)を外し、付属のプラグをしてください。
    ドレン水がこぼれますのでドレン受けをご用意ください。
  7. フィルター槽を本体から外してください。
    使用済みのフィルター槽は、かなりの重量になっておりますのでご注意ください。
  8. 交換槽を逆の手順で取り付けてください。

注1)フィルター交換の際、ドレン分離槽内の浮上油は抜いてください。
注2)コンプレッサーを停止させてからフィルター交換作業を行ってください。
   停止できない場合はご相談ください。

ADP型フィルター交換手順

ADP型フィルター交換方法
  1. ドレン分離槽(①)の水位を確認し、手動でフロートスイッチの下限まで水位を下げてください。
  2. コントロールボックスのセレクトスイッチ(③)を「切」にして、ドレン入口バルブ(②)を閉めてください。
  3. 本体のカバー(側面および後方)を外し、架台下部のボルト(⑤)を外してください。
  4. フィルター上部の食込継手(④)を外し、付属のプラグをしてください。
  5. フィルター下部の食込継手(⑥)を外し、付属のプラグをしてください。
    ドレン水がこぼれますのでドレン受けをご用意ください。
  6. フィルター槽を本体から外してください。
    使用済みのフィルター槽は、かなりの重量になっておりますのでご注意ください。
  7. 交換槽を逆の手順で取り付けてください。
  8. セレクトスイッチ(③)を「自動」にして動作確認をしてください。
  9. 分離槽にフロートスイッチの上限まで水を入れて確認してください。

注1)フィルターには「A槽」「B槽」の2種類があります。
   取付位置、ホースのつなぎ込みの際には間違えないようご注意ください。
注2)フィルター交換の際、ドレン分離槽内の浮上油は抜いてください。

レベルゲージ交換手順

ドレン処理装置:
レベルゲージ交換手順です。

SD型・LSD型 分離槽レベルゲージ交換手順

レベルゲージ交換方法
  1. 本体正面にあるドレン入口バルブ(①)を閉めてください。
  2. 分離槽内に圧力が無いことを確認してから、浮上油取出バルブ(②)と分離槽下部のプラグ(③)から
    ドレン水を抜いてください。
  3. 現在付いているレベルゲージ(④)を外してください。
  4. 各レベルゲージの長さに合わせて透明チューブを切ってください。
  5. 各チューブの両端にインサートを差し込んでください。
  6. 袋ナットとソロバン玉をセットして、ソロバン玉がチューブに食い込むまで閉め込んでください。
    外したレベルゲージを参考にしてください。
  7. すべてのレベルゲージを取り付けた後、分離槽上部プラグ部(⑤)より抜いたドレンを入れてください。
  8. 各部を増し締め確認して、ドレン入口バルブを開いてください。

注1)製造時期でレベルゲージの長さや本数が異なる場合があります。
   チューブは長物で納入されますので、現品に合わせて調整してください。
注2)写真はSD型です。LSD型は色とサイズが異なりますが、手順は同様です。

参考配管フロー

ドレン処理装置:
ドレンデストロイヤー参考配管フローです。

SD型 LSD型 参考配管フロー エアータンクがある場合 その1

参考配管1
  1. 電磁式ドレントラップが最低1台必要です。
  2. ドレン集合配管(15A推奨)上流側に電磁式ドレントラップを接続し、下流側をドレンデストロイヤーの入口に接続してください。 (エアータンクに電磁式ドレントラップを取り付けてください。)
    (ドライヤー、エアーフィルターにはドレン集合配管前に逆止弁を設けてください。)

SD型 LSD型 参考配管フロー エアータンクがある場合 その2

参考配管1
  1. 電磁式ドレントラップが最低1台必要です。
  2. ドレン集合配管(15A推奨)上流側に電磁式ドレントラップを接続し、下流側をドレンデストロイヤーの入口に接続してください。 (エアータンクに電磁式ドレントラップを取り付けてください。)
    (ドライヤー、エアーフィルターにはドレン集合配管前に逆止弁を設けてください。)

SD型 LSD型 参考配管フロー エアータンクが無い場合

参考配管1
  1. 電磁式ドレントラップが最低1台必要です。
    コンプレッサー1台が常時運転している場合は、常時運転しているコンプレッサー側に電磁式ドレントラップを取り付けてください。
  2. (2台交互運転の場合は、各コンプレッサーに1台ずつ取り付けてください。また接続の際はバイパス回路を組むことを推奨します。)
  3. ドレン集合配管(15A推奨)上流側に電磁式ドレントラップを接続し、下流側をドレンデストロイヤーの入口に接続してください。 (ドライヤー、エアーフィルターにはドレン集合配管前に逆止弁を設けてください。)

PSD型 参考配管フロー

参考配管1
  1. 自動運転する場合は、電子トラップIIが最低1台必要となります。
    (上流側に電子トラップIIを接続し、下流側を下流側をドレンデストロイヤーの入口に接続してください。)
    (ドライヤー、エアーフィルターにはドレン集合配管前に逆止弁を設けてください。)
  2. 手動処理をする場合は、ドレンをバケツに受け、P18型分離槽上部から流し込んでください。
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ