窒素ガス発生装置 膜分離方式

更新日:

フクハラの窒素ガス発生装置
ガス分離膜方式により、窒素純度は99%。

圧縮空気をガス分離膜(中空糸膜)に送り込みますと、膜から透過しやすい水分、酸素等が膜を通り抜けて膜外にパージされます。

膜を透過しなかった窒素、アルゴンガス等が製品として取り出されます。
なお膜はクリーンな空気圧の使用においては半永久的に使用が可能です。

窒素ガス発生装置膜分離方式

窒素ガス発生装置 膜分離方式 特長

  • 圧縮空気を接続するだけで、純度99%の窒素ガスが得られます。
  • イニシャルコストが安価です。
  • 低露点-40℃以下。(97%時)
  • 製品原料は圧縮空気と電気です。(無電源装置にもなります。)
  • スペースをとらないコンパクト設計です。
  • 高圧ガス保安法、第二種圧力容器の適用範囲外です。

窒素ガス発生装置膜分離方式特長

窒素ガス発生装置 膜分離方式 ラインナップ

膜分離方式は低純度(90~99%程度)に向いています。
装置の利用には、コンプレッサー、または圧縮空気の用意をお願いします。

型式 窒素ガス純度
窒素ガス発生量
NL/min
窒素ガス
取出圧力
MPa
寸法
(W×D×H)mm
質量 kg 必要空気量
(圧力0.7MPa時)
L/min
N2UB051-L7 97 10 0.5 830x260x200 20 30
N2UC051-L7 21 590x602x1,412 70 50
N2UC71-L7 50 75 135
N2UC72-L7 100 80 270
N2UC102-L7 155 110 400
N2U412-L7 240 590x635x1,445 130 580
N2UC051-L9 99 10 0.5 400x450x1,445 70 48
N2UC71-L9 26 590x602x1,412 75 105
N2UC72-L9 52 80 210
N2UC102-L9 80 110 310
N2U412-L9 120 590x635x1,445 130 460
N2U511-L9 200 590x597x1,520 120 740

窒素ガス発生装置のご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

2018.6 型式修正

Copyright© 株式会社フクハラ , 2019 All Rights Reserved.