浮上油製造装置

投稿日:

エアーコンプレッサーの浮上油を作り、ドレン水の油分濃度を下げる装置です。

浮上油製造装置の特長

エアーコンプレッサーのドレン水の液中に浮遊する分散油、エマルジョン水、固形物、スカムなどに超微細な気泡を付着、浮上させてドレン水の油分濃度を低減させます。

さらに、別付ドレンデストロイヤーにて油分濃度を5ppmにし、油吸着槽の寿命を延ばします。
また浮上してきた浮上油は、別付装置にて自動的に回収します。

浮上油回収装置

浮上油製造装置の仕様

目的 前処理で油分濃度を低減
型式 FP100A-1
電源電圧 AC100V
定格電流 6.4A/50Hz 7A/60Hz
モーター出力(注1) 0.65kW
設定吐出圧力 現場にて0.35MPaに設定 使用圧力範囲0.2~0.35MPa
目的 現場にて1.5L/minに設定 使用圧力範囲 1~2L/min
圧力スイッチ 吐出圧力0.6MPaに設定 ※0.6MPaで自動停止します。
使用周囲温度 2~40℃(ただし、液体が凍結しないこと)
入口・出口口径 Rc3/4
外形寸法 幅480mm×奥行447mm×高さ1,100mm
質量 50kg
塗装色 若草色(マンセル値 7.5GY5/4.5)

(注1)自動運転(ON/OFFの時間、曜日設定)を希望される方は別途お申し込みください。

浮上油製造装置の運転方法

●吐出圧力の設定

  1. 装置本体の入口、出口、分離槽側の入口、出口バルブを全開にしてください。
  2. 元電源スイッチを入れて電源ランプ(白)をセレクトスイッチ「入」側にして運転ランプ(緑)が点灯し、ポンプが起動するか確認してください。
  3. ポンプが起動したら、そのまま約10秒以上廻してから分離槽側の「気泡入口バルブ」をゆっくり閉めて「吐出圧力計」が0.35MPaになるように調整してください。

ご注意

バルブを急に閉めますと圧力が急激に上がるため、ゆっくり閉めて0.4MPa以上には設定しないでください。

●吸込み空気量の設定

1. 流量計のダイヤルにて1.5L/minに設定してください。

浮上油製造装置運転方法

浮上油製造装置の使用例

システム例① システム例②
浮上油製造装置システム例その1 浮上油製造装置システム例その2

ドレン分離槽やドレン処理装置などと組み合わせて使用します。

Copyright© 株式会社フクハラ , 2020 All Rights Reserved.